Foretellix ウェビナー『どれだけ走れば安全性を確保できるのか?』 3月10日オンライン

2021.02.19

News

ウェビナー登録はこちら

『どれだけ走れば安全性を確保できるのか?』ウェビナーは終了しました。
たくさんのご視聴、まことにありがとうございました。

2021年3月10日、オンラインにて【Foretellixウェビナー】を開催いたします。

【日時】2021年3月10日 14:00開始(45分間予定)

【形式】ZoomによるWEBセミナー(質疑応答あり)

 ■□ウェビナー 内容詳細□■

ADAS/AD開発では、「どれだけ走れば安全性を確保できたと言えるのか?」ということは、常に問題にされます。

一説では、100億キロ走っても足りない、と言われているほど。これは、時速60キロで走る車を24時間休みなく走らせても、2万年ほどかかることになります。

では、どうしたらよいのか?

今回のウェビナーでは、「カバレッジドリブン検証」という新しいアプローチで、ADAS/AD開発のサイクルを促進するプラットフォーム『Foretify™』をご紹介します。

  • ADAS/AD開発の課題
  • 思いがけないケースとは
  • 『Foretify』導入のメリット:どんなリソースが削減できるか
  • オープンM-SDL:業界標準シナリオ記述言語
  • 膨大なシナリオ生成
  • ADAS & Highway Solutionと国際基準ALKSの対応について

Zoomのウェビナー機能を使い、セミナー中にコメントにてお受けした、もしくは登録時にいただいた質問に、Foretellix担当営業がお答えします。

*すべての質問にお答えできない場合は、メールもしくは個別にて回答させていただきます

*安定してウェビナーをご視聴いただくために、プレゼンテーションの部分については録画を使用しております。

ADAS/AD開発に課題をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

お申し込みはこちら

Foretellix製品についてはこちら

Fortellix、Foretifyについてのお問い合わせはこちら


※ 記載された会社名・商品名・製品名は、各社の登録商標または商標です

一覧へ戻る

ページトップへ