ニュース

HumaneticsとForetellixが、 ADAS/ADSテストフローの仮想と現実のギャップを埋める

2021.04.21

製品

【プレスリリース】HumaneticsとForetellixが、 ADAS/ADSテストフローの仮想と現実のギャップを埋める

2021年5月、AAA Northern CaliforniaのGoMentum Stationで共同ライブデモンストレーションが予定されており、
完全な仮想および現実のVerification & Validationのフローを披露します

Farmington Hills, MI, USA and Tel Aviv, Israel – 2021年3月16日-アクティブセーフティテスト機器およびサービスの世界的リーディングプロバイダーであるHumaneticsと、自動運転システムのVerification & Validation(V&V)プラットフォームのリーディングプロバイダーであるForetellixは、バーチャルテストとフィジカルテストにおけるギャップを埋め、相関関係を可能にする共同ツールチェーンのデモンストレーションを行います。このデモンストレーションは、本日公開されたビデオ(Humanetics and Foretellix Video)に続き、今年5月にカリフォルニアのAAA Northern CaliforniaのGoMentum Stationにおいてライブのイベントが行われます。

新しい共同提案は、自動運転支援システム(ADAS)と自動運転システム(ADS)のフィジカルテストとバーチャルテストを組み合わせたものです。これにより、OEMやTier 1では、ADASとADSにおける複雑さが増していることを考慮し、安全性とコンプライアンスを確保するための規制テストおよび非規制テストを加速させながら、開発と検証のコストを削減することができます。

本日リリースされたビデオ(Humanetics and Foretellix Video)の中で、両社はADASテストのためのシナリオの完全なVerification & Validationサイクルを紹介しています。シナリオは、まずForetellixの検証プラットフォームForetfiy™上で、Foretellixによって考案された効率的な言語であるオープンソースのM-SDLを用いて定義されます。次に、この抽象的なシナリオは、Foretify™を利用してさまざまなテストプラットフォーム(シミュレータ、HIL、テストトラックなど)に送ることができる何千もの有意なテストを自動的に作成します。デモンストレーションでは、一連の具体的なテストがHumanetics UFO Base制御ソフトウェアに送信されます。 その後、Humaneticsテストロボット(UFO、ドライビングロボット)は、UFOベーススクリプト(.ubs)を使用してデータを変換することにより、テストコースでこれらのテストを正確に実行できます。テストが実施されると、テストからのデータはForetify™の効率的なダッシュボードに送られ、KPIおよびカバレッジドリブンの分析が行われ、異なるシミュレータ上でのバーチャルテストやさらなる反復により、テストプロセスの進行状況を視覚的かつ定量的に把握することが可能になります。

このパートナー企業である両社は、今年の5月に、カリフォルニア州コンコードにあるAAA Northern CaliforniaのGoMentum Stationで合同イベントを実施する予定です。このイベントでは、Humaneticsテストロボット(UFO、ドライビングロボット)と連携して、ForetellixのForetify™ Verification & Validationプラットフォームと、カバレッジドリブン検証統合効率化ダッシュボードを特徴とする共同ツールチェーンのライブデモンストレーションが行われる予定です。

イベントへの事前登録(日付は暫定的ですので、変更される可能性があります)– Humanetics and Foretellix Live Demo Event Registration

「今回の技術デモンストレーションでは、自動車、歩行者、自転車、その他交通弱者などの複数のアクターが登場する複雑なシナリオをバーチャルプラットフォーム上で作成し、そのシナリオをHumaneticsのロボットに移植し、試験場でフィジカルなテストを行うことができます。 Foretellixとのこの統合は、お客様がテストサイクルを最適化するのに役立ち、バーチャルテストとフィジカルテストの間のデータの整合性を高めることで、これらの重要なテストの実行に必要な時間とリソースを削減することができます」と HumaneticsのVP Business DevelopmentであるSanket Mehta氏は述べています。

「Humaneticsと連携することで、フィジカルとバーチャルの架け橋となる方法を実証することができました。バーチャルとフィジカルの両方の異なるプラットフォームでテストを生成・実行し、すべてのデータを1つの統合された効率的なダッシュボードで分析する統合ツールチェーンを採用しています。フィジカルシミュレーションとバーチャルシミュレーションの両方のテストからのカバレッジデータを表示する統一されたVerification & Validationプラットフォームは、安全性を向上させ、自動運転システムの開発サイクルを短縮するという自動車業界の要求に応えるものであると確信しています。」とForetellixのCEO兼共同創設者であるZiv Binyamini氏は述べています。

Humaneticsについて

Humaneticsは、65年以上にわたり、自動運転車と衝突シミュレーションソフトウェアモデル向けの衝突実験用ダミーや校正装置、衝突センサーや計測機器、自律走行車用のアクティブセーフティ試験機器やサービスの設計、製造、供給において世界市場をリードしてきました。 Humaneticsは、自動車、航空、エネルギー、医療、軍事、公共インフラなど、さまざまな高成長市場の業界リーダーにサービスを提供しています。自動車セクターだけでも、Humaneticsは世界中のOEMおよびTier I安全サプライヤーの100%にサービスを提供しています。 Humaneticsは、米国ミシガン州ファーミントンヒルズにグローバル本社を置き、戦略的に世界中に配置された22の施設に800人以上の従業員を擁しています。

humanetisatd.com

Foretellixについて

 Foretellixは、自動運転システムの大規模展開を可能にする革新的な開発ライフサイクル検証および妥当性確認プラットフォームを提供しています。 Foretellixは、ハイパーオートメーション、ビッグデータ解析、AIを活用した半導体チップ業界で実績のあるアプローチを採用しています。このプラットフォームは、安全性を確保し、開発コストを削減し、自動運転システム導入の市場投入までの時間を短縮するために必要な大規模なテストを構成および管理します。

foretellix.com

GoMentum Stationについて

GoMentum Stationは、米国で最大のコネクテッドカーと自動運転車のための車両テスト施設であり、AAA Northern California, Nevada & Utahによって所有および運営されています。次世代の自動運転およびモビリティ技術の開発をサポートし、輸送の安全性の向上により、前例のないモビリティオプションを一般に届けることに役立っています。自動運転システム開発者向けに、テスト計画の開発、機器のレンタル、コネクテッドカー技術をテストするためのVehicle-to-Everything(V2X)ラボなど、さまざまな道路機能とテストサービスを提供しています。

gomentumstation.net

メディアコンタクト先

Humanetics:

Europe, Markus Schmidl, +43 (0) 699 18 25 49 46, mschmidl@humanetics.eu
North America, Sanket Mehta, +1 510 203 0116, smehta@humaneticsatd.com

Foretellix:

Europe, Mike Stainton, +44 7739 891040, mike.stainton@pfpr.com
North America, Scott Fosgard, +1 734 272 7440, scott@fosgardpr.com
Israel, Moshe Mendelson, +972 508993284, moshe@gopositive.co.il

プレスリリース原文はこちら

Foretellix製品についてはこちら

Foretellix製品についてのお問い合わせ、デモや見積もりのご希望はこちらからお願いします


※本文章はForetellix社が発表したプレスリリースを基に、バーチャルメカニクスが翻訳編集加筆を行っております

※ 記載された会社名・商品名・製品名は、各社の登録商標または商標です