brighter Redact

AIによる画像認識の技術は、「自動運転」「顔認証」「監視」等の多くの開発シーンで利用されています。一方、国内の改正個人情報保護法を始め、GDPR(EU一般データ保護則)、CCPA(米国カリフォルニア州消費者プライバシー法)等々、各国において個人情報保護に関する法律が施行され、収集された画像データの活用には今後一層の留意が求められます。 また、AIでの画像認識技術の活用においては、匿名化されたデータであってもAIの研究開発の中で用いることが可能なことが求められます。

最新のプライバシー基準に準拠するため、顔やナンバープレート部分を匿名化をする、世界で最も先進的な画像と動画の自動再編集ソフトウェアです。

brighter AI独自の「Deep Natural Anonymization」

顔などの個人識別情報を自動的に検出し、元の属性を反映した合成代替物を生成します。そのため、分析や機械学習に必要な情報を残しつつ、アイデンティティを保護することができます。

brighter AIのPrecision Blur

ビデオや画像内の選択されたタイプのオブジェクト(顔、ナンバープレート、キャラクターなど)を自動的に検出し、ぼかします。AIを使った最も精密な編集ソリューションであり、Blurにはリバースエンジニアリングできないランダム機能が含まれています。

「選択的再編集」のユーザーインターフェース

動画内の個人情報を選択的に匿名化することができます。メディアや法執行機関などの使用例では、すべての顔をぼかす必要はありません。自動検出の後、オブジェクトを個別に(再)選択することができます。

カスタム再編集設定

検出のしきい値を手動で設定することができます。これにより、顔やナンバープレートなどのオブジェクトの認識を個々のユースケースに合わせて微調整することができ、高品質な編集結果と最大限のコンプライアンスを実現します。

Analytics Endpoint

バウンディングボックスの位置、顔のランドマーク、人物の属性など、元のオブジェクトに関する関連するメタデータを提供します。JSON出力により、コンプライアンスに準拠した匿名化された画像やビデオを持ちながら、関連情報を取得することができます。

brighter AIの画像編集ソリューション

使いやすいREST APIを使って、お客様の製品やサービスにシームレスに統合することができます。また、お客様のニーズに合わせたカスタマイズも可能です。

Original

Precision Blur

Deep Natural Anonymization

活用

GDPRなどのプライバシー規制に沿った自動車データ収集のために、 brighter AIは世界最先端の画像・映像のリダクション技術を提供しています。 brighter AIのソフトウェアは、自動車の要件に合わせて設計されており、現在の開発プロジェクトだけでなく、将来の車両フリートデータ収集もサポートしています。

機密性の高い医療用ビデオや画像データでは、患者やスタッフを匿名化することが重要です。brighter Redactでは、ヘルスケアのユースケースに対応した最先端の自動匿名化ソフトウェアを大規模に提供しています。Deep Natural Anonymizationにより、 brighter AIの技術は分析や機械学習のアプリケーションにも対応しています。

連邦政府、州、自治体、都市、公社、大学、NGO、さらにはCCTV、VMS、モビリティ、スマートシティ分野の民間企業に対して、最先端のリダクションソリューションをベースに、プライバシーに配慮したインテリジェントビデオアナリティクスの使用や、法律に準拠した画像・映像データの保存のための、顧客を中心としたユースケース別のソリューションを提供しています。

コンピュータビジョン、機械学習、深層学習の研究を行っている大学や企業にとって、brighter Redactは、最高の検出精度を実現する従来のリダクションツールとAI対応のリダクションツールで、データの収集、共有、保存をサポートします。