ALKS 規制検証パッケージ

ALKS Regulation Verification Packageは、世界初の自動車線維持システムに関するUNECEの規制に準拠した商用シナリオライブラリです。UN-R157 Appendix3は、ALKSの交通障害の重要なシナリオに関するガイダンスで、3つの重要なシナリオを含んでいます。

UNECE(国際連合欧州経済委員会)は、加盟国の経済の連携強化を図り、情報交換などを行う機関。自動運転についても実現に向けて「自動車基準調和世界フォーラム(WP29)」にて、基準の策定や法整備が進められている。

ALKS規制シナリオ

3つシナリオ(カットイン、カットアウト、減速)をカバレッジドリブン検証(CDV)方法論に基づき仕様化します。

シナリオの重要な機能は次の3つです

  1. 抽象的シナリオであるため、未知のエッジケースを検索するための大規模なランダムテストを生成可能(場所、様々なシナリオフェーズでのタイミング、速度、および位置をランダム化)
  2. 移植性があり、再利用可能。 -> マップと実行プラットフォーム(SIL、HILなど)の組み合わせは自由
  3. 事前定義されたカバレッジモデルが含まれている

Cut-In

「他車両」が突然「自車両」の前に割り込む

Cut-Out

「他車両」が突然「自車両」の前から離脱

減速

「自車両」の前へ「他車両」が突然割り込み、減速する

ソリューションの主な利点

  • 規制の仕様に則った抽象的なシナリオにより、バグ、エッジケース、未知数を明らかにするための膨大な数のランダムテストの自動生成が可能で、開発工数を削減します。
  • シナリオは自車両の挙動を評価するためのセルフチェックを含みます。
  • 生成されたテストは、さまざまなシナリオフェーズで場所、タイミング、速度、位置をランダムに組み合わせます。
  • シナリオは移植や再利用が可能で「マップにとらわれない」ものです。マップやプラットフォーム(SILS、HILSなど)に独立して実行できるため、さまざまなケースを想定したテストが可能です。

MobileyeのRSSとALKSパッケージを接続した自動運転システムのための
Safety Regulation Complianceフローのデモ

Mobileyeとの共同デモンストレーションで、ForetellixのALKS Verification Packageは、必要な規制シナリオとパラメーターを生成し、RSSによる車両挙動の制御に対し測定可能な基準を提供しています。
パッケージはMobileyeのRSSモデルを用いたテスト車両が危険な状況を引き起こさず、また、他車両によって引き起こされた危険な状況にも適切に対応することを確認できます。