Foretify™

ForetifyTMは、業界初の自動運転システム(ADS)のためのカバレッジドリブン検証・妥当性確認プラットフォームです。公道およびオフロードでのODDを支援します。

自動運転開発のための、安全性と生産性を確保するために必要な何百万ものテストと、それを証明するカバレッジドリブン検証のためのビッグデータを、ハイパーオートメーションを使って生成します。バグ、エッジケース、未知のエラーをより早く発見し、コストと市場投入までの時間を短縮します。

特長

ADSの検証に必要な何百万ものテストシナリオを自動で生成し、構成。システムが遭遇する可能性のあるバグやエッジケース、未知の問題を明らかにします。

カバレッジという概念により、シナリオを変異させることでさまざまなバリエーションを自動作成します。これにより、漏れのないシナリオを短時間で大量に作ることができます。また、一つのシナリオを複数組み合わせる事で予測不能な事象を再現させたり、複合的な危険要因を特定することができます。

検証と妥当性確認の進行状態を、ダッシュボードにて定量的、測定的、客観的に示します。実行プロセスを可視化し、結果の集計や分析を行い結論を導き出します。

構成

シナリオとカバレッジ目標を非常に高いレベルで記述するために”測定可能なシナリオ記述言語”(M-SDL)を使用し、 「測定可能な安全性」のためのエコシステムを実現します。

シナリオ変数の組み合わせを自動で生成し、同時にシナリオカバレッジを検証・追跡するためにモニターします

すべてのテストプラットフォーム(テスト車両、テストトラック、シミュレーション、X-in-the-Loop)を通して、テスト結果からカバレッジデータを集約し、開発者が、今どこにいるか、次に何をすべきか、検証はいつ終了するかを知るための分析や指標を抽出します

機能

Foretifyの働きは、主に以下の3点です。

制約付き抽象的シナリオを読み込み、具体的なシナリオを大量に生成します。一つのシナリオから何百というシナリオを自動的に生成することができます。

②APIを介して、シミュレーションツールを実行、制御します。Foretify自体はシミュレーションは行わず、Simulatorに繋がってそれを動かす役割をはたします。

③カバレッジ評価用の指標を取得します。

ソリューションの主な利点

認証とコンプライアンス

OpenSCENARIO 2.0 やOpenDRIVE など、シナリオ記述のための最新の規格をサポートすることによって、認証やコンプライアンスに遵守。新しい規制に柔軟に対応し、実装を可能にするオープンアーキテクチャを採用しています。

市場投入までの時間を短縮

実績のある方法論、つまり、生産的かつ体系的なアプローチによって、無限に広がるシナリオを管理し、より早くテストを完了する方法論を活用することにより、市場投入までの時間を短縮します。

テストプラットフォームに依存しないアーキテクチャ

テストプラットフォームに依存しないアーキテクチャにより、複数のシミュレータ、HILS、テストトラック、路上走行テストをサポートします。これにより、完全に統合された、利用者に負担にならないテスト管理ソリューションを実現し、必要に応じて異なるテストプラットフォームを追加・置換できる柔軟性を実現します。

パッケージオプション

ADAS & Highway 検証パッケージ:高速道路向けの検証パッケージ

●ALKS 検証パッケージ:自動車線維持システムに関するシナリオライブラリ