ADAS/AD開発における複数車両モデルのシミュレーション

マルチプルビークルライセンス

マルチプルビークルオプションは、同時に4つのソルバーを計算できます。これにより同時に4台のシミュレーションを可能にし、ひとつのGUI上で4台のシミュレーション結果を確認することができます。この時、MATLAB/Simulinkなどのシミュレーションマスターは不要です。

シミュレーションのシナリオはどんどん複雑になっています。一つのシナリオで、何種類もの車両挙動を計算する必要があり、交差点やカーブ、隘路など環境もさまざまです。それだけでなく、建物や駐車車両の死角、歩行者や自転車も考慮しなければなりません。

CarSimに採用されている「マルチプルビークルライセンス」は、一つのシミュレーション環境で複数の車両挙動を計算し、高精度な検証が可能です。

ひとつの画面上で最大4つのSolverが稼働するため、複雑な環境もシミュレートでき、またシミュレーションマスターとなるソフトウェアも不要です。

ADAS/AD の開発環境において、車両モデルを使ったシミュレーションは開発のベースであり、安心・安全な車づくりに重要な役割を担います。CarSim をはじめとするVehicleSim 製品は、高性能な車両モデルを作成、ADAS センサー機能を使用することで、高速道路や交差点、NCAP シナリオでの車両挙動制御アルゴリズムの開発を、より高精度かつ迅速に実現します。

導入のメリット

・高性能な車両モデル作成 + ADASセンサー機能 → 高精度かつ迅速な開発を実現

・複雑な環境のシミュレーションが可能で、品質向上や時間削減を実現

・シミュレーションマスターとなるソフトウェアが不要で経済的

交差点での複数車両と歩行者、自転車などの挙動をシミュレート。

マルチプルビークルライセンスの動画はこちら


※ 記載された会社名・商品名・製品名は、各社の登録商標または商標です