セミナー・イベント

Lightlyセミナー「Case Study@Lightlyが生み出した価値」

Lightly

プログラム

概要

AIの機械学習プロセスの最大難関課題「データプレパレーション」に挑むLightlyが利用されている理由、その実例を、自動運転技術開発分野を皮切りに、順次キャラバン形式でご紹介します。
スイスLightly AGの「自己教師あり学習を活用したキュレーション」技術が、急速に欧米を中心とした海外の各業界でのイノベーティブな画像認識AIシステム開発グループで導入が進んでいる実用例を紹介するウェビナー「Case Study@Lightlyが生み出した価値」を開催いたします。

参加対象

• 画像モデルを用いた機械学習において、収集データを精査してアノテーションデータの質を高めたいお客様
• モデル学習の前のラベル付けプロセスに要するコストと時間を削減されたいお客様
• 最適な学習データセットのキュレーションにより、精度の高いAIをご開発されたいお客様
• 機械学習内でのデータパイプラインの自動化にご興味のあるお客様

*同業他社さまにはご参加をご遠慮頂いております。申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

実施環境

Zoom Webinarでのオンライン

内容

■ 第1回 「Case Study@Lightlyが生み出した価値」~海外大手自動車会社編~

開催日時:2022年6月1日 17:00~18:00

講演者:Lightly AG / Co-Founder Matthias Heller
    開催場所 : オンライン(ZOOM Webinar)

参加費用 : 無料(事前登録制)

主催 : 株式会社バーチャルメカニクス

協力 : スイス Lightly AG
            ※ 本Webinarの講演は、英語での講演を予定しております。Q&A時は逐次通訳予定です。

第1回では、海外大手自動車会社でのAI技術開発でのケースを最初のテーマとして取り上げます。この実例では、自動運転技術開発に用いるラベル無しの、冗長で偏りのある数千万枚の画像データセットをもとに、Lightlyによって、代表的な画像サンプルを数万にまで絞り込むことができ、且つその結果、99.9%にも及ぶデータセットサイズを削減しながらも、モデル信頼性の向上と精度向上、汎化を実現した事例紹介となります。

本ウェビナー開催以降、引続きAIの活用が進む監視・小売り・スポーツ等でのビデオ解析分野、また内視鏡等の画像解析技術の革新が著しいメディカル分野での事例、衛星やアグリカルチャでの画像解析技術の事例等を順次開催予定です。

受講料

無料(事前登録制)

受講上の注意

*ご参加URLにつきまして
参加URLはウェビナー開始の1週間前にメールにてお届けします。万一お申込みいただいたにも関わらず、3日前までに参加URLが届いていない場合は、1度迷惑メールフォルダをご確認ください。
迷惑メールフォルダにも無い場合には、お手数ではございますが、lightly@vmc.jpまでメールでご連絡をお願いいたします。
*アンケート
本セミナー終了後のアンケートへのご協力をお願いいたします。
*Zoomにご入室できない場合
セキュリティの関係でZoomにご入室できない場合は、お手持ちのスマートフォンやタブレットの別デバイスでのご入室をお試しください。また予め、こちらで接続環境、操作環境をご確認下さい。
*セミナーの中止・中断および変更について
やむを得ない事由によりセミナーを中止・中断となる場合がございますことを、予めご了承ください。その場合には、改めての日程をお申込み者様へご連絡させていただきます。また内容は予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。

開催日時

開催日:2022年6月1日(水)17:00~18:00
定員数:ー
開催会場:オンライン
住所:ー